スポンサードリンク

房総半島素掘りトンネルナビがおもしろい

モニター・その他のレビュー
スポンサードリンク




房総半島素掘りトンネルナビ がおもしろい

トンネルのこと自体考えたことはなく、でもこの本を読んでいると素掘りトンネル行ってみたくなる方続出ではないですか・・?

 

ブログに用いた写真画像は本とは関係ありません。無料素材サイトからイメージに合うのを掲載させていただきました。

素掘りトンネルって・・・

素掘りトンネルって・・あんまり耳にはしないのですが文字を見れば大概想像はつきます。コンクリートなど固めてない昔ながらのトンネルのことですよね?

そんなニッチなマニアックすぎる房総半島素掘りトンネルナビ。kindle本でツイッターでお友達ブロガーさんがつぶやかれていて出版したばかりで何人かは0円みたいなそんな感じでした。著者はミニサイト職人の和田亜希子さんで常日ごろミニサイトの目の付け所とか、和田さん本人の行動力とか見習いたいことが多くて雲の上の存在です。そこまでは行かない?いたって親しみやすい感じの方だから(;^_^A


房総半島素掘りトンネルナビ: 林道に静かにたたずむ神秘の“穴”

戦前につくられたトンネルは人力でくり抜いた小規模トンネルがコンクリート補強もされないまま今に至ってるのが素掘りトンネルらしいです。身近には素掘りトンネルは見受けられませんが、全国レベルではきっと残されてるところはあるのかなと思います。

 

房総半島に多数存在していた素掘りトンネル

知らなかったのですが、素掘りトンネル、千葉県房総半島に多く存在するらしいです。海があり高い山がない千葉県。内陸部にこの素掘りトンネルが多くあるようです。

インスタなどSNSで人気の火がついた濃溝の滝

本を見ていて、思い出しました夕方のニュースで取り上げられてました。すごい人気で日の差し込み方でハート形を作り出すとかってこぞってスマホ片手にする姿が収められていましたね。そーそー。

野性味あふれる素掘りトンネル

普通に円のようなトンネルもあるのですが、きれいな将棋形とかのトンネルもあったりで趣きと野性味を兼ね備えられたトンネルが多いですね。写真が多く掲載されていてトンネルにはとんと縁もないし興味もなかった私でさえ、興味が出てきます。

ナビの役割を十分果たす本です

電子書籍っていいなと思ったのが、リンクをしてくれてるおかげで地域の公式HPに行けたり、マップ参考にすることもできる。著者の房総半島の素掘りトンネルのミニサイトに行きつけるのでユーチューブの動画がアップされているので家にいながらバイクで房総のトンネルを探検したような感じまで味わえちゃいました。

さりげないガイドが嬉しい

バイクで走ってると、おトイレの所在って気になりません?トイレのあるところも丁寧に書かれています。それと情報って常に変わるので安全面での注意も促されてる点が配慮されていいなと思いました。

バイクで行くのが最も動きやすいコースかなとは思いますが、そうと言えどもねぇ・・・。大丈夫です。他の交通手段でもちゃんと行けるところもあるようなのでそういう所を選べが私でも行けそうですよ!

0円で手に入れた私が言うのも何ですが、正式な価格は¥331ってどんだけ親切なんだ・・・。

 

今日の書いたね!ポイント

マニアックすぎる房総半島素掘りトンネルナビですが、現地に行って実際に楽しみたい人のナビではありますが、素掘りトンネルの画像が多く掲載され本を見てるだけで行った気になれる本でもあります。いや、でも実際い行った方がほんとの良さがわかりそう
 ↑まずはミニサイト覗いてみるのもありですよね
 
 

コメント