スポンサードリンク

コーヒー豆挽き派のためのレコルト グラインド&ドリップコーヒーメーカー フィーカ

モニター・その他のレビュー
今まで使ってたもの
スポンサードリンク




豆挽派の私の悩みは粉が飛び散りすぎること

私は普段、インスタントコーヒーもしくは豆挽のコーヒーを飲んでいました。あらかじめ挽いてあるものより豆から挽く方が香りとか楽しめておいしいコーヒーをが飲めるような気がしたからです。で象印のコーヒーメーカーとティファールのブレンダーとの併用。ティファールのブレンダー確かにちゃんと挽いてくれるのだけどコーヒー専用じゃないからなのかもしれないけどめちゃめちゃ作業してる段階で粉が飛ぶんですよ。なので電動の豆挽きを購入しようと思ってたところでした。

本来コーヒー豆からのコーヒーが好きだったのに近頃はインスタントコーヒーで飲むことが多くなってました。

レコルトのコーヒーメーカーが解決してくれました

夫がタイミングよくコーヒーメーカーをいただいてきて、それがレコルトのグラインド&ドリップコーヒーメーカー フィーカでした。レコルトっていうメーカーを知らなくてどこのブランドなんだろうってネットで調べたところフランスのメーカーだったみたいです。だからかなんかデザインに小洒落感があります。

開封してみたよ

早速開封してみました。

各部分のご紹介

このレコルトのコーヒーメーカーは全部このメーカー内で豆挽きまで自動でしてくれるので今までのコーヒーメーカーとはちょっと違う感じです。

コーヒーミル

蓋をあけると奥側がミルになっています。豆を入れる場合はこちら側にいれます

フラットカッター式

カッター部分はフラットカッター式といって、摩擦熱をあまり出さない方式で香りよく擦ることが出来るんだそうです。ステンレス製で水洗い問題なしです。

フィルター

手前の部分がフィルターになっています。蓋をあけて挽いてあるコーヒーの粉を入れる場合はこちらに入れます。

フィルターホルダーを取るとこんな感じになります。

ウォタータンク入り口

側面部分から水を入れます。細い口のポットなどがあると便利かもしれません。何でもいんですけどね・・。写真撮り忘れましたが。この入り口の下に水量を確かめることができるインジケーターがついています

コーヒーを淹れてみよう

ベトナムで買ってきたコーヒー。こちらはベトナムで買ってきましたが普通においしいコーヒーです。試飲させてもらっておいしかったので購入してきました。

ミルに豆を投入

ミルの部分に豆を入れていきます。この付属の軽量スプーン売ってるものより小さいですね。

コーヒー豆・粉の目安(取り扱い説明書より)

カップ数 1カップ 2カップ 3カップ 4カップ
水の量 140ml 280ml 420ml 560ml
軽量スプーン 4杯 5杯 6杯 8杯
コーヒーの量 約16g 約20g 約24g 約32g

この取説の通り入れてみた結果すごい濃いコーヒーが出来てしまい、試飲したコーヒーとまるで違うコーヒーだったのでがっかり・・・。2度目は調節して入れてみたら本当に満足のおいしいコーヒーに出来たんです。なのでこれはあくまで目安でして、コーヒーの種類や焙煎によっても変わってくるんだと思います。

粉の場合はふたをあけてフィルターに直接入れてください

タンクに水を入れてから操作

タンクに水を入れてスタートボタン

豆の量と粉によって選択ボタンがかわります。点滅が終わると出来上がったよ!っていう合図です。その後すぐ飲んだほうがおいしく召し上がることができますが、保温は30分まで出来て30分の後はスイッチが自然に切れるそうです。

豆を入れて挽き始まると香りが広がってきます。豆を挽いてフィルターに落とすまでの音はそれなりに大きいです。コーヒーを抽出しはじまると音が小さくなります。

香りがすぐ広がります。なんで香りがいいんだろうと思うぐらい他のコーヒーメーカーとは違うような気がします。

メーカー内のことなので目に見えませんが、20秒間の蒸らし機能もついてるそうです。

蒸気の吹き出し口は熱くなりますので気を付けてくださいね!

美味しいコーヒー飲みました

初回は水の量が違っていて、2回目は調節してみたら本当においしいコーヒーで、ちょっとだけ豆を挽くときに音が気になるけど、この美味しさを経験したら音のうるささは私は帳消しできるなと思いました。人それぞれ思うところは違うので何とも言えませんが・・。

フィルターを後で見て思ったのがかなり細かく挽かれていてそれもあるし、ちゃんと蒸らし機能がついてるのもあってコーヒーの美味しさを抽出してるのに長けているんじゃないかなと思わせてくれました。

洗浄

おいしいコーヒーを飲んだらお片付けですよね(;’∀’)

洗うまえに付属のブラシを使う

ミルの刃の部分は取り出しできますので付属のブラシで掃除して水洗いします。

フィルターには細かい挽かれた豆の粉が落ちています。

ミルからフィルターに行く通り道に粉が溜まりやすいみたいです。ここもブラシで掃除します。大概水洗いちゃんとすれば粉砕された粉はキレイに落ちるようです。

乾かす

取り出して洗う部分が多いと思いますが、思ったほどは大変じゃなかったです。但しおいしいコーヒーは飲めるけど、すぐまたコーヒー飲みたい人むけにはならないかもしれませんね。そこがデメリット部分かなぁ・・。乾かす時間を入れないといけないので・・。洗ったのちキッチンペーパーなどで水分をよく拭き取って乾かせば若干時間は短縮できるかもしれません。

今日の書いたね!ポイント

全然粉が飛び散らないのでその点がgood👍 コーヒーの美味しさを上手に抽出してくれる。大きいように思えるけど実はA4サイズのスペースでおける。豆を粉砕する時はちょっとうるさい。乾かす時間が必要なので何回もコーヒーが飲みたい人にはむかないかも? 

商品っていいところもあれば、じゃないところもあるわけで購入する人のいろいろな条件で変わってくることもあるかと思います。参考にしていただければ幸いです。

追跡レビューしちゃいます

使いはじめとか購入したすぐって舞い上がってることあるので、その後の感想を入れておきたいと思います。レコルトグラインド&ドリップコーヒーメーカー フィーカ思うのはけっこうやっかいだと言うことです。あらかじめ粉を挽いたものだと問題ないと思いすが、豆を挽いて使うには完全に乾燥させないと使えない点はやっぱり減点だなぁと思います。ちょっとでも濡れていると挽いた豆が落ちていかないのでコーヒー出来ません。

そして音の方も1杯だけならいいんですが3~4杯落とすとなるとかなり音が気になります挽いてる時間が長いのでその間音が止まないのでこれもかなりの減点です。(汗) 違うコーヒーメーカーを探すか豆を挽くのを別に購入か、したくなりました。正直な感想です(2019/6/28)

コメント