スポンサードリンク

iPhoneで動画 音楽のフェイドアウトと動画の中に静止画を入れる

ブログ運営

前回はimovieでスマホの動画をつくりました。それからのステップアップ動画です。今回は音楽をいきなり切るんじゃなくて、徐々にフェイドアウトする方法と動画の中に静止画を入れることをやってみたいと思います

スポンサードリンク




スマホのimovie動画で音楽のフェイドアウトをつける

動画のテキストはあらかじめ前回使ったアプリPerfectVideoでテキストに変化をつけてあります。前回の記事を参考にしてみてください。テーマの音楽は愉快を選択してみました。

iPhoneで動画 i movieプラスPerfect videoで素敵フォントに
imovieでのスマホ動画づくりはテキストが寂しいと思ってましたが、Perfect videoを使ってテキストをつくると変化に富んだテキストに変化できてスマホ動画づくりが楽しくなりそうです

フェイドをかける

何もしないでいると、ぶっきらぼうに音楽が終わってしまいます。なので音楽が徐々に終わるようにフェイドをかけていきましょう。まず動画の音声を変えるのにはスピーカーをタップします。黄色に選択されてるのがわかるかと思います。真ん中のところで音の強さを変えることが出来ます。そしたら、右のフェードをタップしてみてください。

すると、右はじに黄色のが出てきますよね。その部分を左に動かします。

大きな楕円で囲まれてる部分に三角の影が出てきたと思います。これがフェイドアウトされた部分になります。自分の好みで長さを変えてみてください。それから、音声を徐々にフェイドアウトしても動画の終わりと音声の終わりを一緒に終わらせると違和感が出てきますので、若干音声を動画より早く終わらせた方がいいんだそうです。トリムと書かれてる部分をタップします

音声の選択された右はしの部分を左にもっていきます。すると動画より若干早く音声が終了なります。フェイドかけた部分は残ります。出来上がったら一度聞いてみてください。なんとなくいい感じに仕上がってるのがわかると思います。

 

静止画を動画に入れる

小鳥が飛び立ったあと見たら、フンが残されていて(;^_^A そのまま動画にするにはいかがなものか状態なので、ここにイラストを入れることにしました。

写真やイラストを用意する

無料フリー素材のイラストをダウンロードしました。ここで重要なのは動画の中に静止画を入れる場合、いったんこの静止画を動画に変えなくてはならないんです

この静止画をimovieを使って動かしてみると、このままだと上下に動いてしまいます。それで、写真やイラストを一度動画サイズにしてあげることが必要になります

写真を動画サイズに編集する

使いたい写真やイラストを選択して、右上の編集で編集します

まずは緑の〇で囲まれてるところをアップします

するとこんな感じになります。そして□が重なってるところをタップします。

動画サイズの16:9を選択してタップします。(ここから画面が元に戻ります)そうすると画像が縮まります。縮まった画像を配置したい位置に少し移動してください。そしたら右下のオレンジのをタップ

編集した動画サイズの静止画を動画にする

ややっこしいですが、もう少しです(;’∀’) 動画サイズにした先ほどの写真もしくはイラストをimovieで動画にします。先ほどの写真を選択してムービーを作成していきます

動画の長さを調整する

はじめ選択した静止画を入れていくと6秒ぐらいの動画が出来てると思いますが、自分の使いたい動画の秒数オレンジのはじの部分を伸ばしてちょうどいい秒数にしてみてください。あとからは秒数を少なくは出来ますが増やすことが出来ないのでここで多めに長さをつくってください。

動画を書き出す

普通に動画をつくるみたいに書き出していきます。HD-1080p選択します。

動画の中につくった動画を差し込む

あらかじめ元々の動画をimovieの画面に出しておきます

先ほどの写真やイラストは動画になってるかと思います。動画でも位置が動かないようになってます。で右から2番目の動画の中に動画を入れるイラストをタップします

するとこんな感じになりますので、使いたい長さを調節したりしてみてください。

この画像の大きさや位置は動画の画面の+や虫眼鏡で変えられます。今回の作業はここまでです。少しずつステップアップ中ですが、次回はサムネイルなどにも挑戦していきたいと思ってます。

今回の書いたね!ポイント

フェイドアウトを使うとぶっきらぼうな感じから自然な穏やかさを感じられる動画になります。静止画を入れるにはいったん写真編集して動画サイズにした後imovieで動画にします。そして動画の画像の中に作った動画を入れ込んでいきます。

コメント